ABOUT

about_main_

瀬戸内海の波の音に身をゆだね、心くつろぐ時間を。

 

NEJIRO-ネジロ-の名前は、行動の根拠とする場所・本拠地との意味合い持つ根城(ねじろ)に由来しています。
瀬戸内を訪れた人にとって、また瀬戸内に暮らす人にとって、
心の拠り所となる場所、記憶に残る場所をつくっていきたいとの想いから生まれました。

現在、NEJIRO-ネジロ-は、NEJIRO cafe(カフェ運営)、NEJIRO antiques(アンティークショップ・家具製作・空間プロデュース)、
NEJIRO house(ゲストハウス運営)の3つのサービスを展開していますが、
今後も三原エリアを中心に、瀬戸内・しまなみエリアの様々な文化を大切に受け継ぎ地域と共生しながら、
新たなライフスタイルを発信していきたいと考えています。

この地で生まれこの地で育ってきた私たちだからこそ、次代へ繋いでいける想いや文化があると考え、
地域に根ざしたコミュニティづくりに注力するとともに、
瀬戸内・しまなみエリアの豊かな“モノ・コト”を体感できる拠点づくりを行っていきたいと考えています。

 

 036-02NEJIROのある街

NEJIRO-ネジロ-がある広島三原エリアは古くから交通の要所として栄え、人・財・知・文化が豊かに交流した場所でもあります。


戦国大名毛利家の城下町として栄えた面影を残す趣きある街並み、

瀬戸内海にうかぶ島々がつらなる“多島美”と呼ばれるしまなみエリアの美しい風景、四国まで見通せる絶景スポットとして有名な竜王山や鉢ヶ峰など、

豊かな自然、歴史と文化に恵まれた三原市。

毎年8月に開催される「やっさ祭り」は中国地方を代表する夏祭りとして毎年30数万人が訪れる夏の風物詩でもあります。

三原市は、真隣に位置する尾道市とともに、瀬戸内エリアの港街として栄えてきた歴史があり、

鉄道・自動車の交通アクセスも良いので瀬戸内エリアの散策拠点にぴったり。

瀬戸内の絶景を楽しめるNEJIROを拠点に、

尾道散策を楽しんだり、潮風を感じながらしまなみ海道を渡ったり、三原名物タコに舌鼓をうったり、楽しみ方はいろいろと。

目の前いっぱいに広がる美しい瀬戸内の景色を望みながら、ゆったりと散策をお楽しみください。